クレジットカードでの国税の納付ができるようになっています。

クレジットカードでの国税の納付

今さら感満載ですが、平成29年1月4日よりクレジットカードでの全ての国税の納付が出来るようになっています。

24時間いつでもできます。

現金を使用しない電子納税の方法には、e-taxソフトを使ったダイレクト納付インターネットバンキング納付があります。

ダイレクト納付は使用前にあらかじめ届出をしないと使用できませんが、インターネットバンキングによる納付は届出をしなくてもe-taxソフトをソフトを使用することによりネットバンキングから直接納付をすることができます。

ダイレクト納付のメリットとしては以下のことが挙げられます

  1. 納付手続が簡単(電子申告等の後、簡単な操作で納付手続が完了)。
  2. インターネットバンキングの契約が不要。
  3. 即時又は期日を指定して納付することが可能。
  4. 税理士が納税者に代わって納付手続を行うことが可能。(注)(注) 納税者本人の納税用確認番号等を登録しておくことが必要です。

ご自身や会社の経理担当の方が納付をされる場合には、ダイレクト納付でなくても、届け出を必要としないネットバンキング納付でも問題はありません。

このクレジットカードでの国税の納付については、e-taxソフトを使用しなくても、また税務署へ届出をしなくても納付ができるため便利だと思います。

源泉税や消費税の納付のためにわざわざ毎月金融機関に足を運ぶ必要はありませんので、お仕事の都合で平日に金融機関に足を運ぶことが難しい方や、海外にお住いの方などには、このような納税手続きを使用していただくことをお勧めします。

手続き方法

クレジットカードで国税を納付するにはまず専用サイトにアクセスします。
以下、手続きの流れです。

①国税庁ホームページから国税クレジットカードお支払いサイトへアクセス。

②サイトへアクセスすると手数料がかかります等々の説明がありますので、それを確認したら「上記の注意事項を確認しました」の□にチェックを入れ、下の「同意」をクリック。

氏名、住所、電話番号、納付税務署、納付税目、納付額等々を入力して「次へ」をクリック。

④クレジットカードの情報とメールアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。メールアドレスは手続き完了の旨をメールで受け取りる。

⑤内容を確認して「納付」をクリックすると手続き完了です。
完了ページは印刷するか、PDFファイル等で保存しておいてください。

注意事項

①手数料は1万円ごとに82円、30万円の納付であれば2,460円かかります。

②領収書は発行されません。「完了ページ」を印刷する等で保存してください。

③家族の国税の納付もできますが、贈与税が発生する場合がありますのでご注意ください。

 

=編集後記=

クレジットカードのポイントやマイレージの還元率が手数料よりも高い場合や、海外にお住いの方で日本の銀行口座をお持ちでない場合には、クレジットカードでの納付も考慮されるといいと思います。

手数料がもう少し下がれば、クレジットカード納付で納付をしたいと思われる方も今よりもっと増えるでしょう。