相続・贈与に関するもの

居住権を相続した配偶者について、配偶者居住権の目的となる居住用建物の敷地は小規模宅地等の特例の対象となる?

相続・贈与に関するもの

小規模宅地等についての相続税の課税価格の特例 相続税の課税価格を計算する際の小規模宅地等の特例とは、 相続人等の居住の用又は事業の用に供されていた宅地等について、相続人等がその相続した宅地等は相続人等の相続後の生活基盤、…

国税庁ホームページに「配偶者居住権等の評価に関する質疑応答事例」がまとめられ公表されました

相続・贈与に関するもの

配偶者居住権の概要 令和元年7月からの民法改正により、相続財産に新たに配偶者居住権が創設されました。 これは、被相続人とその配偶者が今まで住んでいた自宅を被相続人の子どもが取得した際、その配偶者がその自宅に住み続けられる…

相続税の基本通達が改正されました(配偶者居住権関係)

相続・贈与に関するもの

配偶者居住権とは 夫名義の家に夫婦で住んでいた場合において、夫が亡くなった時に名義が子供に移ると妻は家を追い出されてしまうことが稀にあります。 また、妻が建物の名義を相続すると預貯金が受け取れない場合があります。 そうな…

平成29年分の相続税の申告状況が公表されました

相続・贈与に関するもの

平成29年分の相続税の申告状況 国税庁ホームページに、平成29年分の相続税の申告状況が公表されました。この公表されたデータは平成29年1月1日から平成29年12月31日までに亡くなられた方を集計しています。 相続税申告書…

民法(相続編)改正の施行日が段階的に施行されるように決まりました

相続・贈与に関するもの

民法(相続編)改正について 社会の高齢化が更に進展し、相続開始時における配偶者の年齢も相対的に高齢化するなど、前回の昭和55年改正からは社会経済情勢が変化しており、また残された配偶者の生活に配慮する等の観点から、民法(相…

相続税を金銭で納付することができない場合はどうする?(物納制度)

相続・贈与に関するもの

相続税の物納制度 国税は、金銭で納付することが原則ですが、相続税に限っては、納付すべき相続税額を納期限まで又は納付すべき日に延納によっても金銭で納付することが困難な理由がある場合には、納税者の申請により、その納付を困難と…