個人事業者に関するもの

相続により事業を承継した個人事業者の消費税の納税義務

個人事業者に関するもの

毎日新聞記事 10月14日の毎日新聞に以下の記事が出ていました。 「個人事業主が開業から2年間は消費税の納税を免除される制度を巡り、会計検査院が調べたところ、家業を継承したケースでも適用されているとみられることが、関係者…

個人で事業を始めた時にはどんな届出が必要?

個人事業者に関するもの

個人で事業を始めた時の届出 個人で事業を始めたときにはどんな届出が必要なのでしょうか。 個人事業の開業・廃業等届出書 事業を始めた時、住所または事業所などの納税地を所轄する税務署長宛てに開業の日から1か月以内に提出します…

消費税のしくみ

個人事業者に関するもの

消費税の負担者と納税者 消費税は、商品・製品の販売やサービスの提供などの取引に対して、広く公平に課税されますが、生産、流通などの各取引段階で二重三重に税がかかることのないよう、税が累積しない仕組みが採られ商品などの価格に…

個人事業者のための帳簿等保存について

個人事業者に関するもの

帳簿等の保存 1年間に生じた所得を正しく計算して申告するためには、日々の取引の状況を記帳し、帳簿や書類を一定期間保存する必要があります。   青色申告の場合 青色申告者は、原則として正規の簿記の原則(一般的には…

今から青色申告特別控除65万円の適用を受ける準備を

個人事業者に関するもの

青色申告特別控除の改正 新元号2年(2020年)から、基礎控除が10万円引き上げられる(48万円)ことに伴い、青色申告特別控除が10万円引き下げられます。 ただし、一定の要件を満たせば引き続き青色申告特別控除65万円の適…

平成30年分源泉徴収票の変更点

個人事業者に関するもの

配偶者控除・配偶者特別控除の改正(平成29年度税制改正) 平成29年度税制改正において、配偶者控除が改正され平成30年度の所得税から施行されたことに伴い、源泉徴収票の一部が変更され、国税庁ホームページに掲載されました。 …

適格請求書保存方式の留意点(軽減税率制度)

個人事業者に関するもの

適格請求書発行事業者の義務等 平成31年(2019年)10月1日から消費税率が10%に上がり軽減税率制度が導入されることに伴い、仕入税額控除の適用を受けるためには平成31年(2019年)10月1日から平成35年(2023…

適格請求書保存方式とは?(消費税軽減税率)

個人事業者に関するもの

適格請求書 平成31年(2019年)10月1日から消費税率が10%に上がるのに伴い軽減税率制度が導入されます。   納付する消費税を計算する際は、消費税が課税された収入にかかる消費税から消費税が課税された費用に…

区分記載請求書方式とは?(消費税軽減税率)

個人事業者に関するもの

消費税納付税額の計算方法 消費税は現状の8%の税率ですと、国税部分が6.3%、地方消費税が1.7%となっています。   消費税の納付税額を計算するときはまず6.3%の国税部分から以下のように計算します。 ①消費…

消費税の軽減税率制度における価格表示について

個人事業者に関するもの

消費税転嫁対策特別措置法 消費者庁ホームページに「消費税の軽減税率制度の実施に伴う価格表示について」という情報が掲示されました。 これは食料品の小売店や飲食店等が一般消費者向けに価格を表示する際に消費税の表示に気を付けて…