所得に関するもの

個人で開業した場合の開業前の経費の処理方法

所得に関するもの

個人で開業した場合 個人の方が事業を始めた場合は、開業してから1月以内に税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」に開業日等を記載し提出します。 この「個人事業の開業・廃業等届出書」に記載した日が個人の方の開業した日となり…

国税庁ホームページの確定申告書等作成コーナーの入力方法(住宅借入金控除編)

所得に関するもの

対象者 次の要件を満たす方 新たにマイホームを新築または取得して6ヶ月以内に住み始めた方 その年の所得金額(収入から経費を差し引いたもの)が3千万円以下の方 マイホームの面積が50㎡以上で、半分以上を住まいとしている方 …

駐車場として土地を貸し付けている場合の確定申告

所得に関するもの

自分の土地を駐車場として貸付けている場合は不動産所得 日本に居住している方は1月1日から12月31日までの収入を計算して確定申告をしなければなりません。もしも自分で所有している不動産を他人に貸し付けて収入を得ている場合に…

競馬、競輪などの払戻金がある場合の確定申告

所得に関するもの

競馬の馬券払戻金が一時所得か雑所得かどうかの裁判 所得税法上、競馬の馬券の払戻金は一時所得に該当するものとされていました。つまり必要経費はその収入金額を得るために直接要した部分のみが認められます。具体的には、例えば日本ダ…

財産債務調書のFAQが更新されました

所得に関するもの

財産債務調書とは 所得税等の確定申告書を提出しなければならない方で、その年分の退職所得を除く各種所得金額の合計額が2,000万円を超え、かつ、その年の12月31日において、3億円以上の財産又は1億円以上の国外転出特例対象…

仮想通貨の取引について年間取引報告書が統一化され、確定申告をする際の手続きが簡便化されました

所得に関するもの

年間取引報告書の記載内容の統一化 仮想通貨については、昨年から取引が活発になり国税庁ホームページにもFAQが発表されました。 昨年公表された仮想通貨のFAQについては、下記をご参照ください。 仮想通貨取引の所得区分 仮想…