個人事業者に関するもの

適格請求書保存方式の留意点(軽減税率制度)

個人事業者に関するもの

適格請求書発行事業者の義務等 平成31年(2019年)10月1日から消費税率が10%に上がり軽減税率制度が導入されることに伴い、仕入税額控除の適用を受けるためには平成31年(2019年)10月1日から平成35年(2023…

適格請求書保存方式とは?(消費税軽減税率)

個人事業者に関するもの

適格請求書 平成31年(2019年)10月1日から消費税率が10%に上がるのに伴い軽減税率制度が導入されます。   納付する消費税を計算する際は、消費税が課税された収入にかかる消費税から消費税が課税された費用に…

区分記載請求書方式とは?(消費税軽減税率)

個人事業者に関するもの

消費税納付税額の計算方法 消費税は現状の8%の税率ですと、国税部分が6.3%、地方消費税が1.7%となっています。   消費税の納付税額を計算するときはまず6.3%の国税部分から以下のように計算します。 ①消費…

消費税の軽減税率制度における価格表示について

個人事業者に関するもの

消費税転嫁対策特別措置法 消費者庁ホームページに「消費税の軽減税率制度の実施に伴う価格表示について」という情報が掲示されました。 これは食料品の小売店や飲食店等が一般消費者向けに価格を表示する際に消費税の表示に気を付けて…

消費税増税に伴う軽減税率制度(その2)

個人事業者に関するもの

軽減税率の対象となる飲食料品 軽減税率の対象となる「飲食料品」について、詳しくお話いたします。   軽減税率の対象となる「飲食料品」とは食品表示法に規定する食品で、酒類は除きます。 ここでいう 「食品」とは、人…

消費税増税に伴う軽減税率制度(その1)

個人事業者に関するもの

消費税増税 現行、消費税率は国税分6.3%、地方消費税分は1.7%、合計8%となっています。   平成31年(2019年)10月1日からは 標準税率として国税分7.8%、地方消費税分2.2%の合計10%。 軽減…

軽減税率対策補助金を受け取るための手続き

個人事業者に関するもの

軽減税率対策補助金とは 先日の税理士会の定例会で税務署の方が軽減税率導入に向けての注意喚起を行っておりました。 まだ先のことと私も考えてた部分がありましたが、あと1年ちょっと(2019年10月1日から)で導入されることも…

消費課税その他の改正(平成30年度税制改正)

個人事業者に関するもの

輸入に係る消費税の脱税犯に係る罰金刑の引き上げ 輸入に係る消費税の脱税犯に係る罰金刑の上限については、現行、脱税額が上限とされています。 今回の改正で脱税額の10 倍が1,000 万円を超える場合には、脱税額の10倍に引…